小陰唇縮小に悩む女性は意外と多い

小陰唇というのは、大陰唇の内側にあるヒダ部分のことです。実は、小陰唇の形がいびつだったり、左右非対称だったり、黒ずんでいたりなどの理由で小陰唇縮小術の相談をする女性は意外と多くいます。特に小陰唇が大きすぎると、下着とこすれてしまうことから痛い思いをすることになります。その他にも、小陰唇が肥大していると外部からの刺激を受けやすく、色が黒ずんでしまうのです。さらに、小陰唇と大陰唇との間に恥垢が溜まりやすくなるので、悪臭の原因になります。小陰唇はデリケートな部分なので、形や色などで悩んでいたとしても周囲に話しにくいと言えます。ただ美容クリニックでは専門の医師が親身に対応してくれるので、気になることがあれば気軽に相談してみると良いでしょう。

小陰唇縮小術の具体的な方法

小陰唇縮小術というのは、小陰唇の余分な組織を切除して形を整えていく施術のことです。小陰唇が大きすぎたり、左右の形が不均等だったりする悩みを解消することができます。切除する際は部分麻酔を施してくれるので、施術中は全く痛みを感じることがありません。ただ小陰唇縮小術を受ける場合、傷跡が残ったらどうしようと不安に感じる人は少なくありません。実は、小陰唇は粘膜状の組織である上に血流が良いことから、きれいに縫合すれば術後に傷跡が目立つことがありません。つまり、パートナーに施術を気づかれる恐れはないので安心ですよ。さらに、施術後は激しい運動や自転車・バイクの運転はしばらくできないものの、すぐに普段通りの生活に戻れます。仕事などを休む必要がないので、安心して施術に臨むことができますよ。

小陰唇縮小術は左右差のある小陰唇の大きさを揃えたり、黒ずみの部分を切り取ったり、肥大してしまった小陰唇を切る施術です。他人には言いにくい悩みを解決できます。