脱毛サロンはじっくり時間をかけて脇脱毛を行う

脱毛サロンで脇脱毛を行う際には、12回程度通う必要があるので2年から2年半程度の期間が必要です。なぜなら、脱毛サロンで使用される光レーザー脱毛は、一度に広い範囲へ照射できるものの出力が抑えられているので毛母細胞へ与えるダメージ量が制限されるからです。毛母細胞へのダメージ量が多いほど生えるムダ毛が減ることになるので、減毛を繰り返して脇脱毛を行います。また、脱毛サロンへ通う時期は毛サイクルが一周りして成長期に入るタイミングを狙った光レーザー脱毛が効果的です。ムダ毛の成長期に合わせて照射するためには、2ヶ月に1度程度脱毛サロンへ通う必要があるので結果的に12回の照射が完了する頃には2年程度かかってしまいます。

医療脱毛なら成果重視で1年を目安に脱毛が完了する

医療脱毛により脇の脱毛を行うと、5回から8回程度の施術で永久脱毛が完了します。なぜなら、医療脱毛はあくまでも医療行為として行えるので、医師にしか扱えない強いレーザー出力を脇に照射して、毛母細胞へ大きなダメージを与えることができるからです。確かに脱毛サロンよりも痛みが強く出やすいですが、医師へ相談することにより麻酔をかけることもできるので少ない回数で1回あたりの脱毛効果を高めることにより1年程度の期間で永久脱毛を可能にします。そして、医療脱毛を行う際には万が一のトラブルが発生しても、その場ですぐに医師による応急処置と治療を受けられるので安心して脇の脱毛を行えるわけです。施術回数にばらつきが出ることは、肌質と目標とする脱毛度合いにより医師と相談した上で決められます。

脇の脱毛をエステなどの施設で行う場合、綺麗に仕上げる他に安全なことを重視します。痛みや出血などのトラブルを避けるためには脱毛前のスキンケアを適切に行い、安全な方法で処理する所を選ぶことが大切です。