脱毛の種類にはどんなものがあるか?

脱毛は、脱毛クリームの塗布やニードル脱毛に加え、光脱毛や医療レーザー脱毛など、様々な種類があります。脱毛クリームの塗布は、手間がかからず痛みも無く、費用もかからない上に短時間に広範囲のムダ毛を処理できるメリットがありますが、またムダ毛が再生してくるため一時的な効果しか期待できません。ニードル脱毛は、毛根を1つずつ電気刺激を加えて毛乳頭を潰していくため、半永久的な効果があるとして、従来の脱毛方法の主流となっていました。

光脱毛は、フラッシュ脱毛とも呼ばれ、痛みも無く短時間で広範囲の皮膚に光を照射してムダ毛を一網打尽にできます。ただし、光脱毛も毛乳頭の働きを完全に停止させるわけではないので、時間が経てばまたムダ毛がある程度再生してしまうでしょう。これに対して、医療レーザー脱毛は、レーザー照射により半永久的に毛根の機能を停止させる効果があり、一度施術を受ければ、効果が持続すると言われています。

自分の肌に合った脱毛方法を選ぼう!

医療レーザー照射は脱毛効果が高いとは言え、施術に痛みを伴い、ときには赤く腫れることもあるため、皮膚の弱い人は専門の医師と十分に相談してから受けることが必要です。また、医療レーザー脱毛は、他の脱毛方法に比べて費用がかかるので、経済的な余裕の無い人には負担が大きいでしょう。肌の黒い人や日焼けした人レーザー脱毛も火傷のような症状を起こしやすいと言われますが、こうした肌の人専用の医療レーザー機器も開発されているため、心配はありません。もちろん、永久脱毛にこだわらないのなら、光脱毛や脱毛クリームの塗布など、他の脱毛方法を選択しても良いでしょう。

脱毛とは、自らの意志で毛を除去することを指します。主に美容目的であったり、見た目を気にして行う場合が多いです。かつては女性が多く占めていましたが、男性が行うことも一般的になっています。